本文へ移動

医務室より

健康管理

子どもたちの健康は、何よりも大切なことです。
保育園でも健康管理には万全を期していますが、家庭でも次のようなことに気をつけて下さい。
 
(1) 排便の状態は、健康を診断する目安となります。便秘、消化不良、下痢便などよく観察して下さい。大便は、朝のうちに済ませるようにしましょう。
(2) 朝目覚めて元気がなかったり、顔色が悪かったり、いつもと様子が違っている時には、検温をして下さい。熱のある場合は、無理をしないで休養させ、元気になったら登園して下さい。
(3) 保育園では投薬はできませんが、医師の処方薬でどうしても必要な場合のみとし、依頼票と合わせて1回分のみ持ってくるようにして下さい。(市販の薬は不可
(4) 伝染病と診断されたら、早く治療するために、お子さんを十分に休養させて下さい。そして他の園児への感染を防ぐために、主治医から登園の許可が出るまで自宅で療養して下さい。
登園するときには、登園届の提出が必要になります。
(5) 小児ぜんそく、ひきつけ、関節が外れやすい、アレルギー体質など保育する上で注意しなければならないことがある場合は、早めにお知らせ下さい。
(6) 早寝早起き、歯みがき、洗顔朝食をきちんとさせて登園させて下さい。
(7) 保育時間中に発熱し、体温が37.5℃以上ある場合や、体の調子が悪くなったりした場合は、お迎えをお願いします。
そこで、常時連絡できるよう緊急時の連絡先をお知らせ下さい。
 

健康診断

保育園では、次のような検診、検査、測定を実施しています。
 
● 年2回  
・内科検診(6月・1月) ・歯科検診(6月・11月)
 
● 年1回  
・眼科検診※3歳以上児(6月) ・尿検査(6月)
 
● 月1回
・身体計測
 
 

▼お気軽にお問い合わせください

社会福祉法人小百合保育園
〒994-0056
山形県天童市大字干布569-3
TEL:023-651-2266
FAX:023-651-2340
------------------------------
・通常保育  ・乳児保育
・早朝保育  ・延長保育
・一時保育
------------------------------
TOPへ戻る